読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アフィリエイト リスク

物を買う時の6つのリスク

では、アフィリエイトの話になります。

一般的には物を買う時には以下の6つのリスクがある、と言われています。
これらは、ライティングの勉強をしていると、だいたい出てくることです。


1つ目は、金銭的リスク。
商品やサービスを買う場合、だいたいお金が必要なので
当然のリスクです。

2つ目は、社会的リスク。
社会的に問題のない商品かどうか。
環境破壊や他人に迷惑をかけないか。

3つ目は、身体的リスク。
副作用や身体への危害などです。

4つ目は、心理的リスク。
商品をお金を払って買う時の抵抗感です。
高額なほどこのリスクも高くなります。
要は、不安や心配、と思う気持ちです。

5つ目は、時間的リスク。
商品を買っても効果が出るのに時間がかかる場合などです。
時間をかけても何も効果を得られなければ、
時間を無駄にしてしまいます。

6つ目は、機能的リスク。
その商品が約束する効果を満たせるのかどうか、です。

 

リスクがあるから、商品購入に迷いが生じる

自分が何か買う時を想像してもらえれば、
これら6つのリスクがあるのはわかると思います。
特に、お金、時間、機能(効果)、のリスクは強いですよね。

このリスクがあるせいで、
商品を買うかどうか、に迷ったりします。

仮に、これらのリスクが無かったらどうでしょうか。
自分にとって値段以上の効果があるとわかっていれば、
その商品・サービスは買うことになるでしょう。
買った方が得なので、当然です。

なので、リスクを無くすことができれば、
購入してくれる確率もアップする、ということになります。

でもアフィリエイターは、
自分で商品を販売している訳ではないので、
このリスクを直接的に減らすことはできません。

でも、ある程度はライティングでカバーはできます。
ユーザーは何となくリスク、と思っているだけで、
よく考えてみたら実はリスクじゃなかった、等よくあるので、
ユーザーに本当にリスクなのかどうか、を考えさせるように書きます。

このライティングでリスクを和らげる方法をいくつか挙げます。

これら6つのリスクをできるだけ軽減させてあげよう

金銭的リスクは、値下げできるわけでもないので実際には減らせません。
なので、値段以上の価値があることを伝えます。
このよくある方法としては、単発の値段ではなく、
1日当たりとか一生といった単位で考えさせることです。

他には、何か別のものと比較したり、
安いものだと耐久性に問題があるからトータル的に考えればお得、
など方法は色々あります。

こういった感じで具体的に検証した文章を書けば、
ユーザーは、よく考えたらこっちの商品の方が得だ、と気付きます。
このユーザーに気付かせる、という点が重要です。
実際には、あなたのライティングでユーザーが気付くことになりますが、
ユーザーは自分で気付いた、と思うので、
それは信頼できる情報の1つになったりします。
なので、ユーザーに「よく考えたらお得」と気付かせるようにできれば最高です。

社会的リスクは、他の人も買っていることや、
口コミなどの紹介、自分が使った時の感想などにより、
軽減させられることができます。

身体的リスクは、商品によるので何ともいえませんが、
何か科学的な証拠や根拠があれば、
それを言うのがいいと思います。
実際に商品を購入しているなら、写真や動画を使うのもいいです。

心理的リスクは、背中を押すことです。
巧みなライティングで誘導する方法もありますが、
商品に返金保証などや、キャンペーンなどがあれば、
それを使うのが簡単です。

時間的リスクは、これは難しいです。
返金はできても、そこに使う時間を返すことは不可能です。
商品の内容にもよってきますが、
効果が出るまでに時間が必要なら、
自分はこうだった、ということを書いたり、
一般的にはこう、というように、
あらかじめ書いておくくらいしかできません。
もしくは触れない方がいいかもしれません。

機能的リスクは、効果があるのか、ということです。
これは、自分が使ってみて、どうだったか、
を素直に書けばいいと思います。
その時に、できるだけ自分のスペックを詳細に書くことで、
同じような境遇の人は自分に効果がありそうかどうか、を判断してもらえます。
可能なら自分の家族や友達にも使ってもらい、
こういう人はこういう感想、という感じで
いくつかのパターンを載せられれば、(所謂口コミ)より伝わると思います。