読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットビジネス バリエーション

仕事は辛く大変なもの・・・

ストレスが多い社会で四方八方から負荷を受けて鬱になる方も多い現代・・・

「お金は必要なだけでいい!楽しくマイペースに稼ぎたい!」

そう思ったならネットビジネスに挑戦するのが現代の主流です。

 

ネットビジネスが最適な理由

私が思うにネットビジネスには大きく五点メリットがあります。
•元手がかからない
•ストレスが少ない
•高収入のポテンシャルがある
•場所を選ばず出来る
•短時間でコツコツできる

もし、この記事を興味をもって見ている方は「副業を始めたい」「仕事を変えたい」「自由な仕事をしたい」といった動機をお持ちだと思います。つまり、本格的に始める前にちょっと情報を集めとくか~って感じの方だと思いますが、いかんせん今の仕事や勉強、家事などで全力はかけられない状況の方が多いのではないでしょうか?

そこで先にあげたメリットが非常にマッチしてるんですね!

さらにホリエモンの提唱する起業4カ条にも当てはまっています。


ホリエモンの起業4カ条

 

 

中でも一番はリスクゼロで出来る事が一番の魅力でしょう!

さらにパソコンで一人で作業できるから外部的要因によりストレスがかかることが無いです。

加えて学生、主婦、会社員の本分を全うしながら稼ぐには短時間・コツコツ・在宅って所がキーワードになります。それをクリアできるのは、ネットビジネスくらいしかない!思いつかない!

というよりも、思いついた人は起業した方が早いんじゃないかな?(笑

一つ注意してほしいのは、高収入のポテンシャルってところです。

なれるかもしれないけど、なれないかもしれない。ここは努力とセンスの問題でしょう。ただ現代ではプロブロガーやyoutuberといったような職業があることや、その方々の収入を考えてみれば夢物語ではないことも事実・・だと思う・・・

 

ただ懸念材料も・・・

デメリットとしては軌道に乗れなければ、まったくお金にならない。そして軌道に乗せるには時間・手間がかかる点はある程度覚悟しなければなりません。

なので全身全霊で取り組み高いネット収入を得ようとする方以外は、自分の興味があることを楽しく長いスパンで継続することが重要だと思います。本気になったらこの限りではないですがね。

そう考えるとブログは継続しやすいものですよ。マイペース・好きな記事で続けられますから。

また、最新のお金の稼ぎ方を実践している職業を紹介する。

Youtuberとはどんな人?

 

 YouTuberとは、動画SNSYouTubeに動画をアップし、そこに広告を入れ込むことでGoogleからビュー数に応じて広告収入が振り込まれる、というシステムで収入を得ている人たちのことです。数年前から流れる「好きなことで、生きていく」をキャッチフレーズにしたYouTubeのCMで、一躍YouTuberの名は一般にも知られるようになり、HIKAKINやはじめしゃちょーは知っている方も多いのではないでしょうか。
有名YouTuberにもなれば10万人以上のファンがつき、動画の視聴回数も数百万回を超えるのはザラでその影響力もバカにできません。収入も、HIKAKINにいたっては年収1億円を超えるという説もあります。

 


本題:いくら稼いでいるのか?

 ここでは、はじめしゃちょーを例にとって考えたいと思います。彼の1再生あたりの報酬はいくらなのかと疑問になるところですが、ヒカキンが0.5円以上(シバター曰く)であることから、はじめしゃちょーも0.3〜0.5円程度の報酬があると予測するのが自然です。

この報酬額に基づいて計算すると、2つのアカウントを合わせた総再生回数が 約3億5000万回のはじめしゃちょーの総報酬は1億500万〜1億7千500万になります。

ただしこれらは、はじめしゃちょーがアカウントを作成してからの数字なので、年収ではありません。さすがに全ての動画の再生回数を計算する気力はなかったのですが、急激な再生回数の伸びからここ1年で稼いだ額は総報酬の内7割程度ではないでしょうか。

そうすると、YouTubeでのここ1年の年収は7千350万〜1億2千250万になります。

 

 辛さもあるでしょうが好きなことをして一年で生涯賃金の半分でも稼ぐことができるなら、小学生のみならず憧れの職業かもしれませんね。